日射し

あたたかな日射しが南向きの縁側にさしてくれます。

縁側に並んだ植物たちはぬくぬくと、
今が12月だとは知らないのでしょう。
こんなお天気の日には、外のビオラやアリッサムを買って行かれるお客さまも。

気持ちのよい12月。

という訳ではありませんが。
季節はずれと思いつつ、とてもステキなインテリアとして。

鉄製の昔の扇風機です。
渋い色が不思議とこんな冬でも違和感なく、格好良さを感じさせます。
実際に動くんです。
夏には大活躍の予感…

掘りごたつ

やぐらこたつのテーブルです。

丸みをおびた木の加減と、年数を思わせる深い色合いです。

この前、お客さまと掘りごたつのおしゃべりで盛り上がりました。

子供の頃、友達の家がこのこたつで、足にやけどして、熱いんだけど言えなくて、水膨れができちゃって…

私も記憶に残っています。
豆炭の入っている上にのっている金網。足ざわりのざらついた感触。

今はほとんど残っていないのでしょうね。

ユーカリ荘の改造前に残っていた畳は掘りごたつ使用でした。

ラジオ

古いラジオが入りました。

ステキすぎなのです。

このトロンとした色合い。
昔のモノって、なんてアジがあるのでしょう。

なつかしい昔のまん丸ナショナルマーク付きです。丸いマークです。
覚えていますかぁ。

いつ頃活躍したラジオなのでしょう。

アメ色

最近、入荷してきたアメ色のマグ。
コロンとした丸みがやさしい雰囲気です。

すでにこの季節、末端冷え性の私は、指先の冷たさがピリピリ。あったかい飲み物の入ったマグで温めたくなります。

土物のやさしい肌ざわり。

ココアにマシュマロを浮かべて。
シュワシュワシュワ

新聞

昨日、地元新聞にユーカリ荘を紹介していただきました。

なにせ、住宅街に入り込んだ、わかりづらい場所にある店ですので、この情報で知ってくださったお客さまも多かったのでは。

迷いながら来ました。と言ってくださったお客さま。
楽しかったです。と言って帰っていただくお客さま。

本当にありがとうございます。

のんびりとしたお店です。
また、のんびりとしにいらしてくださいませ。

裏の畑の南天の実が赤く色づいてきました。

ひっそりと

ユーカリ荘のクリスマス。

ひっそりと静かなクリスマスです。

自然の素材を使ってクルクルとリースを作ってみました。
こんなリースが一番自分に似合うかな。

赤いサンキライが元気をくれます。

ドライブ

子供のころから車に乗るのが好きでした。

ここしばらく修理中で入院していたマイカー。古い外車で廃車にするかどうかというところまでいきましたが、
どうにかピカピカになって帰ってきました。

早速、秋晴れの下、ドライブ。

復活したマイカー。
やっぱりいいなぁって思いながら、
古いモノの良さを再確認。

愛着ってこういうのなんですね。

Athena Designs

寒い雨が降ります。
グルグル巻きのマフラーが必需品です。
今日はお気に入りのブラックウォッチのマフラー。
首もとを変えるだけで、ずいぶん印象が変わるものです。

Athena Designs … アテナデザイン

インポートのニットでは、メジャーブランド。

アラン編みの本場、アイルランドで手編みされたニットたち。
見るだにあったかそうなモコモコ感です。手編み独特の空気感がたっぷりです。

淡いブラウンとベージュとカーディガンはちょっとしたアウター感覚で羽織っていただけます。

アイボリーのベスト。
やさしくかわいらしい雰囲気です。
コーデュロイのフレアスカートに合わせたい。

ずっと前からの。ずっとこれからも長く着ていけるニットたち。

多肉植物

朝、何かのきっかけで
「今日はいい日だぁ」
などと 思うことってありませんか。

今日はちょうどそんな朝でした。

店の前の駐車スペースをホウキではいていると、

キラッ。

五円玉が落ちていたのです。
五円!…ご縁。
よく見たら、平成八年製造。
!八!…スエヒロガリ。

ひとりでそんなことを思う自分がとてもおかしく、そして
「今日はいい日だぁ」
と、思ったのでした。

多肉植物がいろいろ入りました。
私の好きな種類を選んでみました。

今、一番人気は、ウサギのミミとあだ名がついている ‘ ツキトジ ’
肉厚の葉に細かい白い毛がフワフワはえています。ウサギのミミ、誰かが上手に名付けられたのですね。

もうひとつ ‘ ブルビレフォリィウム ’
呪文のような名前ですが、なんとか
好きなおかげで覚えられました。
こちらはセダムの一種で、寒さにも強く、地をはうように広がります。
2.3ミリのちっちゃな葉が集合して、その葉の色もグレーがかったステキな色。

お好みの器に植え替えて、かわいがってみよう。

ご縁…五円の落とし物。
お心あたりの方はユーカリ荘までどうぞ。

ふでとふえ

何ってことのないモノ。
そんなモノがユーカリ荘にはいくつかあり、そして増えていくのです。

ふでとふえ。

なつかしいです。
今の水彩画の筆もこれなのかな。
5色あります、持つところの色。
毛が乱れて、何に使うでもなく、‘ 飾り’
というモノ。
でも、かわいいのです。

そして、笛。
体育や運動会で先生が首にかけてた。
今もかなぁ。
ホント、何ってことではないのです。
ちょっとバックにひっつけてみたりして。

何ってことではないのです。
嬉しい気分って、そんなもの。