お昼寝

春の日差しがまぶしい一日でした。
花柄の服が人気です。
冬を満喫しすぎた反動??

そしてマリンデーの大人なななめ掛け、ときにはショルダー…の程よいサイズのバッグが入りました。
アースカラーの色合いがとても好きなかんじ。

…ショール。
この頃あったかくて店頭への登場率も増え気味。
でも姿が見えないときはカウンターの後ろでこの寝顔。

かわゆい。

入学準備

急にポカポカなお天気続き。

久しぶりににホースを引っ張りだしての水やりをしました。
外の作業も鼻歌まじり。
窓ふきもはかどります。

この頃は入学準備のお話がらちらほら。

「本棚をさがしてて。」
と何度か耳にします。

古い本棚。

使い込まれたキズ。
愛着わきます。

春の服

今日は気持ちよい春。
どうも世の中、風が強かったとか。
こちら穏やかな北堀でした。

ちょっとずつ入ってくる春の服たち。

ダブルガーゼの大人なジャケットに、ドレープのカッコいいシャツ。
さわやかな春です。

他にも人気の花柄のチュニックなど気分も軽やかに。

知人に春が向いている。とか言われ、そっかそっかと急に春が好きになった私。

春もの。

毎日寒くて寒くて…
明日はお日様マークの天気予報。

春待ち気分な今日この頃、軽やかな春ものの服やバッグたちが届きます。

いつも人気のマリンデーのバッグ。
代表的な麻帆布の2wayバッグです。
ひもの長さを変えることができますので、ショルダーだったり斜めがけだったり。

軽やかに使いこなしたいです。

キリム

キリムのマットとクッションカバーです。

今までのキリムのイメージは何げにペルシャ絨毯。
そして高級。

出会ったキリムはこんなに可愛らしかった。

伝統的な手紡ぎ手織り。
染料は草木染め。
ふたつとない柄なのです。

ずっと愛着。

春を待つ。

曇りながらも晴れ間ののぞく日。

明日は節分。
毎年節分荒れでくずれる気候の今じぶん。こんなお天気もめずらしいかも。

明日は桃子さんに豆まきの店番をお願いしました。

「鬼はそと。福はうち。」

春の日差しを待つショールさんです。

アケビのかご

雪もどうやら一段落。
車の運転がドキドキで肩こりがひどい。
今日からの天気予報の晴れマーク。
春を待つ気分。

青森の手づくりのアケビのかごです。

使いこむうちにツヤや味が増してきます。
サイズも程よく実用的にもオススメです。

ショールさん。
寒いけん、中入ろ。