おもしろ生物たち

ちょっとおもしろ生物がデビューしました。

赤い糸につられたサカナ。
(写真右端)

微妙なバランスで立っている水仙。
(時々、風圧で倒れますので、ご注意を)

なぜか、やっぱりつられた南天。

* 年末年始 12.31 〜 1.3 までお休みをいただきます。

クリスマス

ユーカリ荘のすぐ近所に、教会があります。
いつもやさしく微笑んでおしゃべりしてくださる信者さんたちがたくさんいらっしゃる教会です。

昨日の帰り、すっかり夜になって、
教会の聖堂で静かに大きくコーラスが響いていました。

イエスさまのお誕生を心からお祝いされているのですね。

サカナ

お正月の小さな飾り物がかわいいです。

どちらかというと、クリスマスよりもお正月が似合うユーカリ荘。

今日、いくつか新しいお正月飾りが入荷して、シシや、マリをかわいいわぁと、ひとりで楽しく並べました。

そして、サカナも。

ひとりでまっすぐに並べながら、
サカナ…
おもしろいな。
と、自己満足。

なかなか立ちにくかったりして、コテッと寝てしまうと、まさに死んだサカナ…

ガンバレ!

と、サカナを応援してみた、雨の天皇誕生日。

冬至

今日は冬至。
カボチャを食べる日です。
朝のテレビ中継で、カボチャのおしるこを振るまう神社があり、朝からおじいちゃんおばあちゃんが集合していました。
カボチャのおしるこ、おいしそうでした。

こちらのカボチャは、オモチャカボチャ。
ハロウィンから、ずっと頑張っています。
長持ち長持ち。
あやかって、身体も丈夫な一年になりそうです…

全くちがう話題ですが。

初回すぐに品切れになりました二色色鉛筆が入荷しました。
昔からある、朱色と紺色の二色鉛筆を思い出しますが、こちらは12本で24色揃ってしまいます。
なかなか使いきることが少ない色鉛筆。そんなことってないですか。
案外、経済的?
プレゼントにオススメかなぁ。って、思いました。

コースター

手前の丸いモノ。
コースターなのです。
…らしいです。というのが、正直なところ。

きっとこれを見てコースターと気づくのは、なかなか古いモノをよく知っている人でないと。

それが、底に模様のガラスが敷かれて、かわいいのです。

ピアスなど、ちっちゃな大切なモノ入れに。
このままがいちばんステキかも。

あるかも

昭和のモノ。
陶器のフック、くすんだガラス。

特にこのフック、「おばあちゃんちにあるかもしれない。今度もらおう!」
…そんなセリフも飛び交います。

よく見るとかわいいですよ。太くていびつな形。白いクロスの壁にも、
案外似合いそうですよ。

そして、こちらはちっちゃなガラスです。透明のびんは何のびんだったのか、高さ4cmくらいかな。オレンジともピンクともいえないびんは、少々かけありですが、形も今は見かけない昭和な形。

光を楽しみたいですね。

ブラリン

寒くなりましたね。

冬。ユーカリ荘、古い家を寒くなるように改装してしまったため (天井とりました。サッシも木の戸にかえました。)一生懸命エアコンきかせますが、申し訳なく寒いのです。

世の中、有り難いことに ‘ ウォームビズ ’ という言葉がチラホラ聞こえ、
「 そうそう、ウォームビズだよねぇ。」とひとりで納得中。

寒さ対策は練りながらも、ウォームビズでどうぞよろしくお願いいたします。

そして、ブラリン…は、
おサルです。

古くさびたおサルのS字フック。
誰がこんなのかんがえたのかなぁ。って、あまりのかわいらしさに関心してしまいます。

玄関に飾りたいですね。
朝の元気と、夜のおかえりをおサルが
プレゼントしてくれそう。

赤いモノにひかれるお年頃…

自分で ‘ お ’ をつけるのもなんなのですが。

この赤い貯金箱、ん?判箱、
とてもかわいいのです。
赤いので、よけいにいとおしくなります。

ふたに穴あり、小銭をためるべくなのか、何をしまうかは、きっと決まらずのまま、とにかくかわいくて、そばに置きたい古いモノです。

困りました。

底に穴

古いホーローのケトル、やかんです。

こんな古いモノに、とてもしびれてしまいます。
まさにガラクタというべきなのでしょう。

だって、底に穴です。

どうも古すぎて底に穴まであいてしまったようです。

それでもしびれてしまいます。

わかる人には、わかるこの感じ。

だって、このブルーに黒いふたですから。

他にもこまごまと古いモノたちがやってきました。

ラッピング

一年のありがとうの季節。

ほんの気持ちの贈り物でも、やっぱり嬉しいものです。

いただくこともですが、送る側も何をどんな風に、ってオリジナルで工夫してみるのも楽しいこと。

そんなことを思いながら…

ハトメ。

よくみかけるのですが、オリジナルで使いこなす人って、少ないかも。
こんなの持っている人、あまりいない。しかも、ハトメが白と茶。

もひとつ、五線譜と原稿用紙のメモ紙をアレンジして。

もらったあの人の「わぁ!」が聞こえそうでしょ。