かもめ食堂

北欧ブーム…5.6年も前の言葉でしょうか。

今、やって来ました。
私の北欧ブーム。

前にも観たはずの「かもめ食堂」のDVDに今またしつこくはまり、繰り返し繰り返し。

そしてフィンランドからやって来ました…ムーミン。

昨日と一昨日は東京に行ってきました。

暖かな春の日。
桜はちょうどよく咲いていました。

宮城出身の知人に会いました。
地元は被災されたとか…

でも彼はいつものように明るく笑っていて、地元の人達も明るく頑張っていますよ。と話してくれました。

照明の落ちた東京でした。

夕日あびた

寒い日がまた。
暑さ寒さは彼岸まで…?

セーター復活。

いいのかな。

かわいい水色の引出し。
なつかしい幼稚園の積木。
メダカを飼いたい、おっきなアルミのボウル。
夏でもないのに、たくさんの昭和のガラスたち。

日本の古いものたちがやってきました。

寒いけどお天気回復かな。

夕日あびたサビサビ看板です。

Loints ロインツ

すんごいおっきな牡丹雪が降っています。

牡丹雪…
ん?田舎じゃ、だんべ?とかいってたような。

縁側からみえるだんべはすごい勢いで降っています。

ロインツ人気です。
前にもご紹介しました…
オランダのコンフォートシューズを創る老舗メーカーです。

なぜ人気…

外反母趾の方に喜んで頂いています。
足の痛さは難儀なもの。
靴さがしには苦労するのよぅぅ。というお声。

デザインも究極のシンプルさ。
大人なマットなレザーにひかれます。

先日の暖かな日。

玄関と縁側の戸を開け放して過ごしました。

ショールは玄関ど真ん中のセメントの上でひなたぼっこします。
縁側のこの位置も指定席。

満開のクリスマスローズも陽をあびて。

古いもの

久しぶりにアメリカの古い椅子が入りました。

やっぱり素朴な日本の古いものとはちょっとちがうアジが漂います。

この汚れたかんじが大好きです。

春らしい今日。
友達の披露宴に出席させていただくことになりました。
ナイトウェディングというのだとか。
楽しみです。

というわけで。
今日は閉店時間が5時半になってしまいます。

MUCU

気付けば3月。
先月からまたもや更新ストップのこのブログ。
反省が常にいかされませぬ…

2月には雑貨メーカーさん各社新商品登場の月で少しずつですが目新しいアイテムたちが届きます。

その中で新しく取り扱いのMUCUのノートたちです。

東京の下町でコツコツ丁寧に手作りされるノートたち。
丁寧さとこの紙質のよさはMUCUマニアさんもいらっしゃるほどです。

そして革表紙のノート。
是非、新生活のちょっとしたお祝いの品としてもおすすめです。

MUCUさん、初納品の荷物と一緒になんとうちのショールさんに大好物のマグロ缶を贈ってくださいました。
猫好きなメーカーさんらしいのです。

気持ち暖まりました。
ありがとう。

お昼寝

春の日差しがまぶしい一日でした。
花柄の服が人気です。
冬を満喫しすぎた反動??

そしてマリンデーの大人なななめ掛け、ときにはショルダー…の程よいサイズのバッグが入りました。
アースカラーの色合いがとても好きなかんじ。

…ショール。
この頃あったかくて店頭への登場率も増え気味。
でも姿が見えないときはカウンターの後ろでこの寝顔。

かわゆい。